お任せ!パーティードレスの購入ガイド

ホーム > パーティードレス情報 > パーティードレスとは一体どんなものか

パーティードレスとは一体どんなものか

結婚式をはじめとしたパーティーに参加する際には、ドレスを着用するという女性が多いのではないでしょうか。
パーティーに適したものといえば、やはりパーティードレスです。
パーティードレスは、あらゆるパーティーに参加する時のドレスの総称であり、デザインや素材、丈について細かな決まりがあるわけではありません。
パーティーならばとりあえずパーティードレスと呼ばれるものから選んでおけば問題はないと考えてしまいがちですが、シーンに合わせてデザインを選んでおかないと、マナー違反となってしまうので気をつけましょう。
結婚式を始めとした格式の高いパーティーだけでなく、誕生日パーティーや婚活パーティーなど、カジュアルなパーティーに着ていくドレッシーな装い、それらもすべてがパーティードレスと呼ばれています。


カジュアルなドレスもフォーマルなドレスもあるので、どれを選ぶべきかよく考えなくてはなりません。
フォーマルドレスだけではなく、キレイめなワンピースやスパンコールがちりばめられているような、派手めなワンピースもあります。
パーティードレスだったら何を選んで着用していっても良いのか、それともパーティードレスの中からフォーマルドレスを選ばなくてはいけないのかというのは、パーティーの種類によって違うだけではなく、参加する立場によって違いがあります。
ゲストとして参加する場合には、主役よりは目立つべきではないので、いくらパーティーで華やかな服装をしていっても良いといっても、気をつけておかなくてはなりません。
?ドレスコードが出ていればそれに従うようにして、ドレスを選びましょう。


結婚式のような格式が高い式の場合には、背中が大きくあいていたりミニ丈だったりするような、露出の多いパーティードレスは選ばないようにしましょう。
非常識だと思われるだけではなく、場の空気も悪くしてしまいかねないからです。
それとは逆に、夜に行われるパーティーでカジュアルなパーティーの場合には、自由なスタイルで良いケースが大半であり、露出をしていてもそれほど浮いてしまうこともありません。
夜にフォーマルタイプのドレスを選んでしまうと、逆に浮いてしまうことになるので気をつけておきましょう。
このように、一口にパーティードレスといってもカジュアルなものから派手なドレス、そしてフォーマルドレスのように様々なタイプがあり、パーティードレスとはドレスの総称ということを頭に置いておくべきです。

次の記事へ

ホーム