お任せ!パーティードレスの購入ガイド

ホーム > パーティードレス情報 > 年代別で異なる選び方のパーティードレス

年代別で異なる選び方のパーティードレス

結婚式の披露宴や二次会、会社関係のパーティーでは立食もあったり、パーティーの種類は多種多様です。
その目的や趣旨によって、装い方も様変わりします。
王道はパーティードレスですが、毎回同じドレスを着用できないのはファッションチェックを怠らない女性ならではの意見です。
10代から20代前半では、パーティードレスを着るキッカケが少ないものの、これから増えることを見越して、トレンドに左右されない1着を選びたいものです。
王道となるのは、黒のカクテルドレスですが、身内の結婚式では装い方として適していますが、気のおける友人などの仲間うちのパーティーではトレンドのデザイン、カラーのドレスで盛り上がるのもよく、TOPに合わせるのもポイントですし、そうそう着用する機会もなければ、レンタルもおすすめです。
レンタルであれば、大きなリボン、フリフリやキラキラなど、女子好みのデザインから選ぶことができ、なおかつ、年齢を重ねるにつれて幼すぎたり、似つかわしくないなど、箪笥の肥やしとなる購入後の失敗を避けることもできます。


品のあるパーティードレスは20代後半から30代で選びたいテイストで、程良いライン見せがポイントです。
大人っぽくて艶やか、ウエストの絞りなどのくびれを強調するなど、綺麗なシルエットをメイクできることが大事です。
肌馴染みのよいドレスカラーとして、派手すぎず可愛さをアピールできるピンクよりも、知的で優しい雰囲気を醸し出すアプリコットが適しています。
40代以降の年代では、気になる体型をカバーできるドレスが選ばれていますが、スカートよりも様々な式典に参列する年代でもあり、知的さを優先させたパンツスタイルが定番化しています。
ブラックやネイビーなどの濃い目のカラー、さらに足首を魅せることで体型カバーしながらも引き締め効果も期待できます。
美脚に魅せるにはハイヒールを履くことも、ファッションコーディネーターから一押しされています。
一般的に、ホテルやレストランでパーティーが行われ、大半は床に厚手の絨毯などが敷かれており、ピンヒールでも足が疲れることが少ない魅力もあります。


王道の黒やネイビーカラーのドレスは、他とカブりやすく、グレードレスが近年評価されています。
グレーという落ち着いたカラーの持ち味を活かし、刺繍やビジューなどが盛り沢山でも品良く魅せるカラーです。
例えば、花柄のパーティードレスでも花のデザインで印象も異なり、プリントでなく、刺繍を施すことで繊細に魅せることができ、ノーブルなデザインは評価されています。
王道からハズレたくない場合、黒とグレーのドッキングもおすすめで、肌を露出するのではなくデザインで色気や品を出すのも、この年代ならではの選び方です。
パーティードレス1着あれば、小物やヘアスタイル、メイク次第で雰囲気は様変わりさせられます。
また、ドレスは女性の魅力を引き出すデザインが加味され、胸元や肩が露出するなど、スタイルよく作られているものです。
注意したいのが下着選びでもあり、ヌーブラや縫い目のないシームレスショーツ、立ち姿までが綺麗に見える矯正下着なども購入の際、重要視すべきです。

次の記事へ

ホーム